日焼け後はアフターケアが超重要!やり方と注意点

日焼け後はアフターケアが超重要!やり方と注意点

2021年06月28日

日焼けが気になる季節には、外へ出るたびにお肌が少しずつダメージを受けてしまいます。

日焼けについて相談する(無料)>

シミ・シワの治療を詳しく知る >

紫外線は非常に大きなダメージにつながりやすく、ダメージを受けた状態で放置しているとどんどん悪化してしまいます。

日焼けが気になる季節には、自宅でできるアフターケアを徹底しましょう。

新宿美容外科クリニック 皮膚科医 戸枝幹夫

記事監修者
新宿美容外科クリニック 美容皮膚科医

戸枝 幹夫

専門は美容皮膚科。脱毛やお肌の悩みについて、スタッフと連携しながら、常に新しい技術を探求して取り入れており、スキンケア分野で進化し続ける美容皮膚科医を目指している。
患者さまによって肌状態は様々であり、一般的に対応できるアプローチでも、場合によってはやめた方が良い場合も有るので、患者さまの抱える悩みをしっかり伺ったうえで、ベストな方法を提案するよう取り組んでいる。
コメント:治療のメリットだけではなく、デメリットも包み隠さずご説明しております。デリケートな悩みも、どうぞお気軽にご相談ください。

紫外線によるお肌の影響とは?

「紫外線はお肌に悪い」、「日焼けはしない方がいい」、「外出時には日焼け止めを徹底して」

このような話を耳にしたことがある人もいるかと思いますが、具体的にどのようなダメージを受けるのかについては、よく知らない人も多いのではないでしょうか?

紫外線による影響の中で、もっとも有名なのは「日焼け」でしょう。

「日焼け」は「日光皮膚炎」とも呼ばれており、いわばお肌が「やけど」のようになる症状です。

ひどい場合には、真っ赤に腫れあがる、痛みやかゆみを起こす、水膨れができるなどの症状がでてしまいます。

そこまでの症状がでなくとも、お肌の色が濃くなる経験がある人は多いのではないでしょうか。

お肌の色が濃くなるということは、それだけお肌のメラニン色素が増えているということです。

そのままにしていると、目立つシミやそばかすも増えていくでしょう。

さらに、美しいお肌に必要不可欠なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった細胞が減少していく可能性もあります。

するとお肌の弾力が失われ、お肌のたるみも引き起こします。

日焼けのあと、帰宅後にできるアフターケアとは

日焼けしてしまった日には、帰宅後にしっかりアフターケアをしなければいけません。

まずは、紫外線を受けた箇所をしっかりと冷やしてください。

日焼けは「やけど」と同じ状態ですから、まずはしっかり冷やすことでダメージを抑えることができます。

水や氷、ぬれタオル、保冷剤などを使って、熱が引くまで待ちましょう。

ただし、十分熱が引いているのにあまりに強く冷やしすぎると、かえって悪影響になるため注意してください。

熱を冷ましたら、続いてしっかり保湿をします。

保湿は、紫外線によって失われたお肌のバリア機能を復活させるうえで必要不可欠なケアです。

もし、日焼けした箇所が痛むのであれば軟膏タイプの保湿剤を使いましょう。

ローションタイプやクリームタイプは痛みを覚える可能性があるので、注意しながら使ってください。

また、お肌だけでなく身体全体の水分補給にも気をつけ、徹底しましょう。

水分補給、そしてスポーツドリンクなどによるミネラル補給を心がけてください。

日焼けについて相談する(無料)>

シミ・シワの治療を詳しく知る >

日焼けした後にやってはいけないこと&注意点

日焼けをしたあとのお肌は、たとえ目に見える変化がなくともとてもデリケートな状態になっています。

そのため、ごしごし洗顔したり、お肌を強く洗ったりすることはタブーです。

日焼けだけでなく、さらなる肌荒れにもつながりかねません。

また、熱を帯びた状態ではさらに熱くさせるような行動は厳禁です。

湯舟に入るのは避けて、ぬるめのシャワーのみで痛みや異変はないか様子を見ましょう。

シャワーでは問題がなさそうで、湯舟に入りたいときにもお湯はぬるめに設定し、10分以内にさっとあがるようにしてください。

また、マッサージも避けたほうがよいでしょう。

マッサージは血流をよくする効果がありますが、だからこそ日焼け後のお肌にストレスを与えてしまいます。

なるべく過度に触れないようにして、様子を見てください。

日焼けでダメージを受けたお肌を改善するには

日焼けをしたお肌は、いわば傷ついた痛々しい状態です。

人間の身体は、必要な水分や栄養素が十分に得られないと脱水症状に陥ったり、体調を崩したりしてしまいますよね。

同じようにお肌も、必要な成分が失われた状態が続くことで、さらにどんどん弱ってしまいます。

そうしたお肌を健康的な状態に戻すためには、必要な栄養素を注入するなど、きちんとケアする必要があります。

クリニックでは、カウンセリングのすえ必要な栄養素を注射するなど、効果的なケアを実現できます。

クリニックのケアは、エステなどでも施術ができず、医師しかできない施術を実行できるでしょう。

セルフケアでは対処が難しい状態のお肌や、ダメージを受けてしまったお肌も改善へ導きます。

同じように日焼けして見える状態でも、一人ひとりお肌の状態は違いますのでまずは一度相談してみましょう。

まとめ

何気ない生活の中でも、常に紫外線の影響を受けている私たちは、特に強い紫外線を浴びた日にはきちんとしたケアが必要不可欠です。

日焼け後には適切なケアをすると同時に、NG行動をしないように注意しましょう。

ダメージを受けてしまいなかなか改善が難しい状態であれば、クリニックへの相談もおすすめします。

関連記事

back to top