背中のニキビや角栓は目立ちやすい!病気の可能性もある?

背中のニキビや角栓は目立ちやすい!病気の可能性もある?

自分の目が届きにくい背中ですが、他人の目にはつきやすいパーツと言えるでしょう。

そんな背中が、ニキビや角栓のような肌トラブルで荒れた状態になっていては不潔なイメージを招いてしまいます。

背中の肌トラブルが起きてしまう原因や、きれいな背中に導くための治療方法について改めて知識を深めてみましょう。

ニキビ治療を詳しく知る >

新宿美容外科クリニック 形成外科医 井上 淳

記事監修者
新宿美容外科クリニック 形成外科医

井上 淳

日本形成外科学会の形成外科専門医としてあらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、25年にわたって多くの美容外科、整形の症例を経験。外科医としての豊富な知識や技術力からスタッフの信頼も厚く、また落ち着きのある性格や優しい対応も人気のドクター。スタッフや患者さまからは、脂肪吸引の匠と呼ばれて、親しまれている。
 気軽に受けていただける処置から、高度で複雑な手術まで、患者様に満足していただける最も適した「理想のボディライン、理想のフェイスライン」の追求をしている。カウンセリングは、優しい、初めてでもいろいろと丁寧に教えてくれる、と定評があり、患者様一人ひとりの様々な悩みに正面から向き合っている。

経歴
1992年 千葉大学医学部卒業 
千葉大学形成外科入局
以後、千葉大学および昭和大学の
関連形成外科勤務
2006年 都内美容外科クリニック 院長就任
2007~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック
総院長就任

背中の肌トラブルは案外目立っている!

背中は自分の目ではなかなか確認できない部分です。

そのため、顔や手足といった目につく部分に比べて、日頃のスキンケアが安定しにくい傾向があります。

「自分はきちんと背中ケアをしている!」という意識があっても、目や手が届かない部分が実はきれいとは言い難い状態に陥っている……ということもあるでしょう。

それでいて背中は、ほかの人の目につきやすいパーツでもあります。

夏場のように露出が増える季節や、ファッションによっては、とても目立ってしまいますよね。

顔周りのケアやメイクがばっちりであっても、背中がきれいな状態でないと、それだけで印象が悪くなってしまいます。

背中の肌トラブルの原因になりやすいのが、「ニキビ」や「毛穴」です。

実は背中は、もともと皮脂分泌が盛んなパーツと言えます。

皮脂分泌が盛んであるということは、皮脂が排出される毛穴も広がって大きくなりやすい傾向にあります。

そのために、どうしても毛穴が目立ちやすくなってしまうほか、ニキビなどのトラブルも起きてしまうのです。

ぱっと目につく毛穴のほか、一見そこまで目立たないように見えても触るとざらざらしている毛穴についても、放置せずに適切な対応をしましょう。

背中の毛穴トラブルを招いてしまう原因

触ったときにざらざらと違和感を覚える毛穴は、毛穴の詰まりが原因で引き起こされると言われています。

もともと、背中の皮膚は顔周りに比べると厚くできており、その差は顔の何倍にもなるとされています。

皮膚が厚いということは、その分角質層も厚いということ。

ターンオーバーが正常であれば問題ないのですが、乾燥や生活習慣の乱れによってターンオーバーが滞ってしまったときには、古い角質が溜まりやすくなってしまいます。

結果として毛穴がつまり、ざらざらとした質感につながってしまうのです。

皮脂の過剰分泌は、毛穴づまりだけでなく背中ニキビにも発展してしまうので、適切なケアが必要です。

さらに、毛穴に詰まったままの角栓を放置していると、黒ずみに発展してしまうこともめずらしくありません。

角栓は空気に触れて酸化することで、黒く変色してしまうのです。

さらに、紫外線などの影響で黒ずみ毛穴ができる場合もあります。

紫外線によってメラニンが過剰生成され、色素沈着すると、毛穴が黒ずんでしまいます。

黒ずんだ毛穴は、そうでない毛穴に比べてどうしても目立ってしまいます。

黒っぽくなっているとつい「こすって汚れを落とそう」と考えたくなってしまうかもしれませんが、強く擦るのは逆効果です。

過剰な刺激は、かえって毛穴を目立たせる原因になってしまいますので、自己判断によるセルフケアは避けましょう。

背中の肌トラブルから考える病気の可能性

目立つ背中の肌トラブルが、実は単なる肌荒れでなく、きちんとした治療が必要な症状である……というケースもあります。

例えば粉瘤は、ニキビと間違われやすい症状として知られています。

粉瘤は「良性の腫瘍」と言われ、気づいていながら処置を怠ると角栓や皮脂がますます溜まり大きくなってしまいます。

大きくなりすぎたときには切除が必要になるケースもあり、日々のスキンケアでは改善されないため、早めに見極めなければいけません。

背中ニキビと間違えやすい症状としてはそのほかに「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」も挙げられます。

左右対称に赤みや肌トラブルが出るのが特徴のため、疑わしいときには左右のバランスを見ながら確認してみましょう。

こちらの原因も、お肌のターンオーバーの乱れや乾燥とされているため、適切なケアが必要です。

保険外治療にはなりますが、対処法としてレーザーやピーリングなどの美容医療も検討するとよいでしょう。

また、細菌を原因とした炎症が起きた場合には「毛のう炎」に発展します。

お肌の表面が赤く腫れたような状態で、ぶつぶつができてしまいます。

かゆみや痛みも発生しやすく、ときには熱っぽさも感じるため違和感を覚えたら早めの措置が必要です。

背中の肌トラブルは新宿美容外科クリニックに相談を

新宿美容外科クリニックでは、背中の肌トラブルをはじめさまざまな症例に適切な処置をいたします。

ニキビや角栓の対策は、ホームケアだけで対応しようとしても限界があります。

その上背中となると手が届きにくいため、どうしてもスムーズにきれいな状態へ導くのは難しいでしょう。

そうしたとき、専門機関を受診することによって、症状を見極めた上で適切な治療にいち早く取りかかることができるようになります。

「よくある背中ニキビだろう」と考えていて、実はそのほかの症状だった場合、放っておくと手遅れになってしまうかもしれません。

治療に取りかかるのが遅くなれば、その分完治までも時間がかかってしまいます。

単なるニキビケアや毛穴ケアで改善しないときには、早めにご相談ください。

新宿美容外科クリニックでは、あらゆる肌トラブルに対し専門医から適切な治療をご提案させていただきます。

まとめ

背中のニキビや角栓は手が届きにくいためケアしにくく、それでいて目立ってしまうものです。

症状を見極めながら、適切な処置をしてきれいな状態へ導きましょう。

新宿美容外科クリニックでは、背中の肌トラブルをはじめとしたさまざまなお肌のお悩みにお応えしています。

back to top