左右の目の大きさが違うのはなぜ?原因とバランスのいい目元にする方法

左右の目の大きさが違うのはなぜ?原因とバランスのいい目元にする方法

鏡を見ていて「なんだかバランスが悪い」と感じてしまった経験がありませんか?

実は左右の目の大きさは、すべての人がまったく同じになっているわけではないのです。

どうして左右の目の大きさが違ってしまうのか、原因と対処法を確認していきましょう。

二重整形を詳しく知る >

新宿美容外科クリニック 形成外科医 井上 淳

記事監修者
新宿美容外科クリニック 形成外科医

井上 淳

日本形成外科学会の形成外科専門医としてあらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、25年にわたって多くの美容外科、整形の症例を経験。外科医としての豊富な知識や技術力からスタッフの信頼も厚く、また落ち着きのある性格や優しい対応も人気のドクター。スタッフや患者さまからは、脂肪吸引の匠と呼ばれて、親しまれている。
 気軽に受けていただける処置から、高度で複雑な手術まで、患者様に満足していただける最も適した「理想のボディライン、理想のフェイスライン」の追求をしている。カウンセリングは、優しい、初めてでもいろいろと丁寧に教えてくれる、と定評があり、患者様一人ひとりの様々な悩みに正面から向き合っている。

経歴
1992年 千葉大学医学部卒業 
千葉大学形成外科入局
以後、千葉大学および昭和大学の
関連形成外科勤務
2006年 都内美容外科クリニック 院長就任
2007~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック
総院長就任

左右の目の大きさが変わってしまう原因とは?

左右の目の大きさは、さまざまな原因によって変わってしまいます。

例えば骨格や眼球の大きさといった、生まれ持ったものが原因になっている可能性がありますがそのほかにも、日常の中のちょっとした癖によって目の大きさが変わってしまうこともあります。

例えば何気ないシーンで頬杖をついたり、足を組んだりするのが癖になっていませんか?

また、口内の片側のみで噛むことが習慣になっていることはないでしょうか?

このように、身体の片側だけを使うことが習慣づいていると、知らずしらずのうちに歪みが生じてしまいます。

口や足、身体の歪みというと目とは無関係のように思えるかもしれませんが、このようなちょっとした癖や習慣が、目にも影響を与えてしまうのです。

結果として目のバランスや大きさ、二重の形などが変わってしまいます。

さらに日頃の寝不足やむくみ、疲れ、視力の違いなども目元へ影響します。

もちろん左右で大きさが違うことがなにかの問題に発展するわけではないのですが、左右対称に近いほうが印象としては整ったイメージになります。

片目だけが二重になることでも目の印象が変わる

左右の目の大きさがだいたい同じくらいという人であっても「二重の幅が違う」「どちらか片方だけが二重で、もう片方は一重になっている」ということもあるでしょう。

こうした瞳になってしまう原因もやはり前述のような大きさの問題と同様で、生まれつきのものであったり、日頃の習慣が原因になっていたりします。

二重の状態は顔のむくみによる影響も大きく受けるため、体重が毎日変わっていくように日によっても幅が違って見えることがめずらしくありません。

もともと二重の線が薄い人や、まぶたの皮膚が厚い人であれば、日によって二重そのものが消えてしまい、結果的に目の大きさや印象が変わることもあるでしょう。

安定的に両目の二重をバランスよくするためには、例えばメイクで調整するという方法があります。

市販のアイプチやアイテープなどを使うことによって、左右の二重のバランスを整えることができるのです。

しかし、アイプチやアイテープは毎日行わなければならず、日によってコンディションに差が生まれやすくなってしまうので注意しましょう。

左右の目や二重の大きさが違う場合の対処法

左右の目の大きさが違うことを気にしているのであれば、二重手術を検討しましょう。

手術では、目の大きさや二重の幅を調整できます。

理想の大きさや形をあらかじめ決めておき、手術前のカウンセリングで要望をきちんと医師へ伝えれば、理想の状態をキープできるでしょう。

ちなみに左右差を整えたいのであれば、手術は片方のみで構いません。

もちろん、より目をぱっちりと大きく見せたいのであれば、両方の目を手術してもよいでしょう。

左右差を整えるにあたっては、二重の幅を広くする方法もあります。

その際両目に二重整形を行えば、二重全体の幅をもとよりも広くし、ぱっちり見せることも可能です。

そのほか、皮膚のたるみや脂肪が気になるときにも手術をおすすめします。

適切な手術によって除去することで、一重になってしまう、目が小さく見えてしまう状態を原因から解決できます。

目の左右差が気になりにくくなる上、たるみが目立たなくなることで老けて見えにくくなり、アンチエイジング効果も期待できますよ。

目やまぶたのお悩みは新宿美容外科クリニックへ

左右の目の大きさや二重の幅が気になる場合には、新宿美容外科クリニックへご相談ください。

新宿美容外科クリニックでは、知識・経験ともに豊富な形成外科専門医が、一人ひとりの状態を見極めながら適切な手術をご提案させていただきます。

まぶたは何もしていない状態でも多少なりとも瞳に被さっているため、目の大きさを変えてしまう要因となります。

適切にまぶたの脂肪をとったり二重を作ったりすることによって、目の大きさを調整できるようになり、左右のバランスも効果的に整えられます。

二重を作るうえでは、一人ひとりのご希望へきちんと耳を傾けるのはもちろん、顔立ちとのバランスを考えながら、繊細にデザインする必要があります。

さらに二重の相談だけでなく、目元のたるみ、くぼみ、クマ、眼瞼下垂といったお悩みにもお応えしています。

「昔からこうだから……」と考えず、まずは一度ご相談ください。

まとめ

左右の目の大きさが違う人というのは、決してめずらしくありません。

頬杖や噛むときの癖など日常のちょっとしたポイントからも変わっていくため、整った状態を目指すのなら適切な対応が必要になります。

まずは一度、医師へご相談ください。

back to top