気になる毛穴を引き締めるにはどうすればいい?毛穴の種類とケア方法

気になる毛穴を引き締めるにはどうすればいい?毛穴の種類とケア方法

きれいなお肌を目指すためには、ポツポツと目立ってしまい気になる毛穴を適切にケアしたいものですよね。

しかし実は、ひとことで「毛穴」と言ってもさまざまな種類があり、それぞれに適切な治療方法が違います。

改めて毛穴の種類とともに、効果的に引き締める方法をチェックしてみましょう。

毛穴治療を詳しく知る >

新宿美容外科クリニック 形成外科医 井上 淳

記事監修者
新宿美容外科クリニック 形成外科医

井上 淳

日本形成外科学会の形成外科専門医としてあらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、25年にわたって多くの美容外科、整形の症例を経験。外科医としての豊富な知識や技術力からスタッフの信頼も厚く、また落ち着きのある性格や優しい対応も人気のドクター。スタッフや患者さまからは、脂肪吸引の匠と呼ばれて、親しまれている。
 気軽に受けていただける処置から、高度で複雑な手術まで、患者様に満足していただける最も適した「理想のボディライン、理想のフェイスライン」の追求をしている。カウンセリングは、優しい、初めてでもいろいろと丁寧に教えてくれる、と定評があり、患者様一人ひとりの様々な悩みに正面から向き合っている。

経歴
1992年 千葉大学医学部卒業 
千葉大学形成外科入局
以後、千葉大学および昭和大学の
関連形成外科勤務
2006年 都内美容外科クリニック 院長就任
2007~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック
総院長就任

毛穴にはどんな種類がある?

お肌の表面にポツポツと浮かび、ときには黒くなっていたり、大きく広がっていたりする毛穴は、きれいなすべすべのお肌と遠く離れた印象になってしまいますよね。

気になる毛穴をきれいな状態へ導くためには、適切ながケアが必要になります。

しかし、毛穴をよく見てみると場所によってもそれぞれに症状が違うのが分かるのではないでしょうか。

毛穴にはいくつかの種類があるため、症状に合致した適切なケアが必要になります。

まず、目立ちやすい状態と言えるのが「開き毛穴」です。

本来、閉じているべき毛穴が皮脂の過剰分泌などによって開いてしまっている状態のことです。

皮脂分泌の盛んなTゾーンや鼻などに多く見られ、脂性肌の方のみならず男性も悩まされやすい毛穴トラブルです。

過剰な皮脂は、角質と混ざると「つまり毛穴」になる可能性もあります。

そこからさらに、加齢の影響も受けていくと「たるみ毛穴」になっていきます。

加齢により弾力を失った皮膚がたるむと、毛穴が垂れ下がったような形状になってしまうのです。

皮膚のたるみが起きやすい頬には特に、このたるみ毛穴ができやすくなります。

続いて、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい人は「クレーター毛穴」と呼ばれる症状に悩まされる場合もあります。

クレーター毛穴は、ニキビや炎症が原因で毛穴がくぼみ、でこぼこ状態になってしまう症状のことです。

もともとニキビ肌の人は、特に注意が必要です。

毛穴トラブルが起きてしまう原因

こうした毛穴トラブルの原因として「過剰な皮脂分泌」や「過度の刺激(こする、紫外線を浴びるなど)」が挙げられます。

過剰な皮脂分泌は、前述の通り開き毛穴やつまり毛穴の主な原因となります。

さらに刺激を受けたお肌は、毛穴の開きやニキビといった肌トラブルが起きやすくなってしまいます。

お肌への刺激には、主なものとして刺激などが挙げられますが、刺激は日々のクレンジングや洗顔の影響も侮れません。

日頃からゴシゴシこするなど、断続的に刺激を与えていると毛穴が目立つ状態になってしまうのです。

とは言え、お肌が汚れていて角栓がつまった状態では、酸化して毛穴が黒く見えてしまうため「きれいな状態にしないと余計に毛穴が目立つのでは?」と心配になるでしょう。

もちろん、角栓を作らないためにも日頃のお手入れが重要になりますが、特に大切になるのは「どんなお手入れをするか」です。

過度にお肌に摩擦や刺激を与えるお手入れは、なるべく避けるようにしてください。

黒い毛穴やつまり毛穴の対処法

鼻の頭や小鼻といった部分は、特に皮脂量が多いことから毛穴が目立ちやすい傾向にあります。

皮脂を原因とした毛穴トラブルの対処法として、毛穴汚れをすっきりきれいな状態へ導くよう習慣づけることが挙げられます。

例えばフルーツ酸のように、お肌の汚れを効果的に落としてくれるスキンケアアイテムを使いましょう。

黒ずみには、美白成分が配合されたスキンケアアイテムも効果が期待できます。

角質パックやクレイパックのように、黒ずみ対策につながるパックを使ってみるのもよいでしょう。

たるみ毛穴の対処法

加齢とともに毛穴がたるんでしまったときには、お肌のハリを取り戻すエイジングケアに特化したスキンケアアイテムを使いましょう。

レチノールやコラーゲン、エラスチンなどの美容成分が配合されているものなら、たるみのケアを叶えやすくなるでしょう。

また、たるんだ毛穴を引き締めるためには十分な保湿も必要不可欠です。

化粧水も保湿効果の高いものを選び、たっぷりとお肌へ浸透させていきます。

ただ化粧水を使うだけでなく、定期的にコットンを使った化粧水パックを取り入れるなど、お肌へ保湿成分を浸透させる一工夫も大切です。

開き毛穴やクレーター毛穴の対処法

開き毛穴には、毛穴を引き締める収れん作用のあるスキンケアアイテムがおすすめです。

キメを整えてくれるスキンケアアイテムは、すべすべの美肌へ導いてくれるでしょう。

ニキビケアには、ビタミンC誘導体配合のスキンケアアイテムが最適です。

サプリなども組み合わせ、クレーター毛穴ができる前に改善するような身体づくりを目指しましょう。

パック後やお風呂の後には、冷やしたタオルやコットンでお肌を引き締めることによってお肌の開きを緩和できるでしょう。

気になる毛穴をまとめてきれいにしたいなら

こうした毛穴のトラブルをまとめてきれいにしたいなら、クリニックでの施術も検討しましょう。

新宿美容外科クリニックでは、レーザーや内服薬を活用しながら美肌の維持をサポートします。

毛穴トラブルが目立つお肌も、適切な治療で美肌を目指せるでしょう。

ホームケアでは難しい毛穴の洗浄や引き締めなども、治療の中で期待できますよ。

まとめ

目立つ毛穴のトラブルは、毎日のクレンジングや洗顔などさまざまなきっかけで発生しています。

毛穴トラブルが気になるときには、新宿美容外科クリニックへご相談ください。

back to top