BNLS注射 > 輪郭の整形 - 新宿・立川・横浜

BNLS注射方法で今すぐ顔やせ
理想的な小顔注射

りんかく
BNLS注射 (顔&りんかくの部分やせ)

BNLS injection

img

BNLS注射は
このような方におすすめ

  • 周囲に知られずに小顔になりたい方
  • 短期間で小顔になりたい方
  • 鼻の輪郭など、細部の形を整えたい方

BNLS注射について

image

顔の余分な脂肪を解消することで輪郭をシャープにし、小顔効果を得る為の治療法としては、脂肪溶解注射(メソセラピー)やテノールなどの高周波治療が一般的でしたが、このBNLS注射は、従来の脂肪溶解注射の持つ即効性を持ちつつ、テノール等と同様にほぼ痛みがない画期的な治療法です。

BNLSとは、主成分に植物から抽出した成分を用いて、顔の輪郭形成を目的とした脂肪溶解注射のことで、従来の脂肪溶解注射との大きな違いは、注入後の痛みや腫れがほぼ無いことにあります。

従来の脂肪溶解注射の場合、注入直後は痛みがあり、個人差はありますが3日間程度の腫れを伴う場合があり、周囲の人にバレずにというのはなかなか難しく、効果が現れるまでに2週間~1ヶ月程度必要でした。

しかし、BNLSは、注入する際に痛みや腫れを伴うことがほぼ無く、ダウンタイムはほぼ無いと言っても過言ではありません。

BNLS注射 適応箇所と本数

image

BNLS注射 アフターケア

ほぼ痛みや腫れを伴わないことから特別なアフターケアは必要ありませんが、汗をかく激しい運動や飲酒は、施術当日はお控え下さい。
また、スーパーテノールやスレッドリフト等と組み合わせて治療して頂く事で、より高い顔やせ効果を得て頂けます。

BNLS脂肪細胞反応試験

image

こちらの画像は、BNLSのメーカーによって行われた脂肪細胞に対する反応試験のもので、赤い部分が脂肪細胞です。 注入前に比べ、BNLSを注入した24時間後にはおよそ30%減少していることが確認できます。

患者様へ わたしが担当します 新宿美容外科クリニック 総院長 井上淳 新宿美容外科クリニック 総院長 井上淳

患者様に最高の結果

形成外科専門医としての
あらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、
満足していただける最高の結果を追求します。

Profile

1992年 千葉大学医学部卒業・千葉大学形成外科入局。
以後千葉大学および昭和大学の形成外科勤務。
2006年 都内美容クリニック 院長就任
2007年~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック 総院長就任

良くある質問

  • 注入後、腫れや痛みがほぼ無いとのことですが、全くありませんか?

    腫れについては『全く無い』というわけではありませんが、現状で施術を受けていただいた患者様には、従来の脂肪溶解注射の様に、見た目で明らかに分かる腫れや内出血はみられません。仮にあったとしても日常的なメイクで隠れる程度ですので、お仕事や生活面で支障はありません。

  • 何回ぐらいの注入で効果を実感できますか?

    部位によりますが、脂肪の少ない部位であれば、1回で効果を実感して頂ける患者様も多数いらっしゃいます。 脂肪量の多い頬などの場合、3回~4回程度で安定した効果をご実感頂けます。

  • 注入後、気をつけることはありますか?

    一両日中は、注入部位に触れたり、こすったりすることはお控え下さい。また、血流が活発になることで腫れる場合がありますので、飲酒や激しい運動、長時 間の入浴等はお控え下さい。

  • 一度得られた効果は持続しますか?

    はい。ですが、注入後の食生活や生活環境によって新たに脂肪がつき元に戻る場合はございますので、ご理解下さい。

  • 注入後、即効果を実感できますか?

    注入後、脂肪が分解され老廃物とともに排出されるまでに3日~1週間かかると お考え下さい。

お気軽にお問い合わせください【完全予約制】
月〜金 10:00〜20:00 ※横浜院は10:00~19:00
土・日・祝 10:00〜19:00

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

back to top