全切開法 > 二重整形 - 新宿・立川・横浜

まぶたが厚く、
腫れぼったい印象の方に最適

二重整形・目元
全切開法

All incision method

img

全切開法は
このような方におすすめ

  • いつまでもキレイな二重のラインがほしい
  • まぶたが腫れぼったい、重たい印象を変えたい
  • 目の傷あとが目立たないように二重にしたい

全切開法について

全切開法は、二重まぶた形成術では最もオーソドックスな手術方法で、二重まぶたの予定ラインに沿って切開して余分な組織や眼輪筋などを切除して縫合します。

理想的な二重まぶたを形成します。まぶたが脂肪などによって厚ぼったく、埋没法に適さない患者様や、埋没法の糸が取れてしまった方でも、眼窩脂肪(まぶた周囲の脂肪)を切除することで確実に永久的な二重まぶたラインの形成が可能です。

全切開法の特徴

image

全切開法は、埋没法が向いていないと診断された方や、埋没法を受けたものの糸が切れてしまったという方でも、理想的な二重まぶたを実現できる、オーソドックスながらも画期的な二重まぶた形成術です。

目頭から目尻までの二重ラインを切開、余分な眼窩脂肪や眼輪筋を切除し、縫合することで、縫合したラインが理想的な二重まぶたのラインになるよう進めていきます。

全切開法は、まぶたの皮膚がたるんでいたり、厚みがあったり、また、眼窩脂肪が多く腫れぼったいまぶたであることで、単純に皮膚を折りたたむだけでは二重ラインの形成が困難な方に非常に適している手術法です。

さらに、全切開法の二重まぶたラインは切開、縫合により形成されているため、埋没法などのように元に戻ってしまうことがなく、半永久的に理想の二重まぶたが維持できます。
腫れぼったい目は無愛想や暗めの印象に見られがちですが、全切開法は、腫れぼったい目元をスッキリ優しい目元にし、さらにハッキリとした二重まぶたのラインも形成されるので、よりいっそう大きく輝く目元が実現できます。

全切開法の施術に関して

image

当院ではカウンセリングにて医師により、患者様のお悩みやご希望をお伺いいたします。また、肌の状態(たるみやシワなど)をチェックさせて頂き、患者様に適した施術方法のご説明をさせて頂きます。その際、施術方法に関して、疑問点や不安がある場合は、ご相談してください。その後、十分なヒアリングを行った後に施術を行います。

施術後、問題がなければそのままご帰宅して頂けます。後日、術後経過の確認のため術後検診を設けさせて頂いております。また、何か不安なことがあれば、無料でメール相談も受けていますので、お気軽にご相談してください。

患者様へ わたしが担当します 新宿美容外科クリニック 総院長 井上淳 新宿美容外科クリニック 総院長 井上淳

患者様に最高の結果

形成外科専門医としての
あらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、
満足していただける最高の結果を追求します。

Profile

1992年 千葉大学医学部卒業・千葉大学形成外科入局。
以後千葉大学および昭和大学の形成外科勤務。
2006年 都内美容クリニック 院長就任
2007年~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック 総院長就任

良くある質問

  • 全切開法はやり直しがききますか?

    全切開法は、皮膚を切開し、縫合することで皮膚組織を癒着させ、二重ラインの形成をするので、修正は非常に難しいとお考えください。
    カウンセリング時に医師と詳細に話し合い、デザインや手術方法を理解した上で手術を決定することをオススメします。

  • 手術後は痛いですか?

    痛みはほとんど有りませんが、切開したまぶた周囲は3~4日腫れるので、しばらく瞼が重く感じると思います。

  • ダウンタイムはどれ位ですか?

    会社や学校がある患者様の場合、最低でも5日間程はお休みを取ることをお勧めします。
    腫れのピークは3日程度、抜糸は5~7日目ですが、まだ腫れています。
    10日目~2週間でバッチリお化粧をしてやっと人前に出られるくらいです。
    アイシャドーは塗るとかえって目が膨張して見えるのでファンデーションやコンシーラーの後にアイラインを太めに描き、つけマツゲをすると上手くカモフラージュできるようです。

お気軽にお問い合わせください【完全予約制】
月〜金 10:00〜20:00 ※横浜院は10:00~19:00
土・日・祝 10:00〜19:00

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

back to top