デリケートゾーンの脱毛が恥ずかしい!VIO脱毛を行うときの体勢は?

デリケートゾーンの脱毛が恥ずかしい!VIO脱毛を行うときの体勢は?

2022年05月03日

自分ではなかなか目が届きにくいデリケートゾーンは、脱毛クリニックを利用して処理をすることでスマートにきれいな状態へ導けます。

しかし、デリケートゾーンだからこそ「人にやってもらうのは抵抗がある」と考えてしまう人もいるでしょう。

そこで今回は、デリケートゾーンの脱毛を行うときに気になる体勢・姿勢に注目して施術のようすを解説していきます。

医療脱毛を詳しく知る >

新宿美容外科クリニック 形成外科医 井上 淳

記事監修者
新宿美容外科クリニック 形成外科医

井上 淳

日本形成外科学会の形成外科専門医としてあらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、25年にわたって多くの美容外科、整形の症例を経験。外科医としての豊富な知識や技術力からスタッフの信頼も厚く、また落ち着きのある性格や優しい対応も人気のドクター。スタッフや患者さまからは、脂肪吸引の匠と呼ばれて、親しまれている。
 気軽に受けていただける処置から、高度で複雑な手術まで、患者様に満足していただける最も適した「理想のボディライン、理想のフェイスライン」の追求をしている。カウンセリングは、優しい、初めてでもいろいろと丁寧に教えてくれる、と定評があり、患者様一人ひとりの様々な悩みに正面から向き合っている。

デリケートゾーンの脱毛はどのような体勢でおこなう?

デリケートゾーンは、ほかの部位よりも強い毛が生えやすいことからより一段と丁寧な施術が必要になります。

しかし、自分で処理をしようとしてもなかなか手が届かず、苦戦してしまうでしょう。

無理に処理をしようとすると、怪我をしてしまう可能性もあります。

こうしたトラブルを招かないよう、デリケートな部分だからこそ、無理せず脱毛のプロに任せることをおすすめします。

VIO脱毛はVライン、Iライン、Oラインというパーツに分かれていて、それぞれ姿勢を変えながら丁寧に脱毛していきます。

足の付け根にあるVラインを施術するときは、仰向けに寝転んだ状態で処理をしていきます。

少し足を開き、肉が重なりやすい付け根の部分もしっかりと脱毛マシーンを照射します。

続いてIラインとは、陰部の左右の部分を指す言葉です。

この部分も自分ではなかなか見えにくい部分ではありますが、ムダ毛が生えやすくいっそう丁寧な処理が必要になります。

脱毛クリニックなら、粘膜ギリギリの部分までしっかり処理できますので無理せず依頼しましょう。

施術では仰向けに寝た状態で片方の足を立て、そのまま横に倒します。

片側が完了したら反対の足も同様の姿勢をとって、片側ずつ処理していきます。

お尻の部分を処理するOラインは、うつ伏せか横向きの状態で行います。

「四つん這いになるの?」とイメージするかもしれませんが、少しだけ足を開いた状態で十分施術できますよ。

VIO脱毛のときの服装は?

VIO脱毛を行うときの服装は、クリニックによって異なります。

全身裸の状態で施術するクリニックもあれば、用意されている紙ショーツをはくクリニックもあります。

さらにその上からガウンやワンピースを着用したり、タオルをのせたりします。

そのため脱毛中にずっと裸を見られる状態でいるわけではありません。

寒さ対策もしてもらえるので、冬場でも安心して施術を受けられますよ。

紙ショーツは、デリケートゾーンの施術をするときにだけ、少しずらして対応します。

VIO脱毛は恥ずかしい?

VIO脱毛は「スタッフに見られてしまう」ということから、抵抗を覚えてしまう人もいるかもしれません。

しかしスタッフは、皆慣れている脱毛のプロフェッショナル。

これまで、非常にたくさんの人の脱毛に携わっています。

もちろんVIO脱毛にも慣れていますし、相手にとっては「毎日行っている業務の一環」ですから、過剰に気にする必要はありませんよ。

どうしても気になってしまう人は、まずはお試しでクリニックの雰囲気やスタッフの雰囲気を確認しておくと良いでしょう。

VIO以外の部分の脱毛を試すなどしてクリニックの印象を確認し、それからVIO脱毛をお願いするのもよいでしょう。

緊張をほぐしてくれるクリニックなら、VIO脱毛もリラックスして受けられるでしょう。

VIO脱毛の施術の流れ

VIO脱毛をするときには、まず着替えを済ませて施術ベッドに横になります。

身体の上にはタオルをかけ、目元は脱毛マシーンの光の影響を受けないように、ゴーグル類をのせます。

施術中には適宜紙ショーツをずらしつつ、脱毛マシーンを照射していきます。

さらに施術中には、スタッフが痛みを感じないか、寒くないか、異変はないかなど細かくチェックしてくれるため安心です。

気になることがあれば、適宜伝えましょう。

もし、自己処理が不十分であった場合にはシェービングも必要になるため、スムーズな施術のためにはあらかじめきちんと処理をしておきましょう。

照射後には、脱毛箇所に赤みやかゆみがでないよう保湿ケアもしてくれます。

なにか異変や気になることがあれば、すぐに相談しましょう。

クリニックなら、万が一のときにも医療分野の措置をしてくれるので安心ですよ。

まとめ

デリケートゾーンのムダ毛は、自己処理をすることはなかなか難しいですよね。

肌トラブルが大きな問題につながりかねない部位だからこそ、脱毛クリニックにお願いしましょう。

新宿美容外科クリニックの医療脱⽑は、安全性にも十分配慮していますので一度検討してみてはいかがでしょうか。

back to top