二重が「片目だけ」しかならない理由は?バランスの取れた二重にするには?

二重が「片目だけ」しかならない理由は?バランスの取れた二重にするには?

2021年04月07日

ぱっちりとした二重に憧れている人は多いのではないでしょうか?

二重の悩みについて相談する(無料)>

二重整形を詳しく知る >

しかし実際には「片目だけが二重になってしまう」、「両目が同じような印象の二重にはならない」という人もいるのです。

なぜ左右で二重か否か変わってしまうのか、原因や対処法を解説していきましょう。

新宿美容外科クリニック 形成外科医 井上 淳

記事監修者
新宿美容外科クリニック 形成外科医

井上 淳

日本形成外科学会の形成外科専門医としてあらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、25年にわたって多くの美容外科、整形の症例を経験。外科医としての豊富な知識や技術力からスタッフの信頼も厚く、また落ち着きのある性格や優しい対応も人気のドクター。スタッフや患者さまからは、脂肪吸引の匠と呼ばれて、親しまれている。
 気軽に受けていただける処置から、高度で複雑な手術まで、患者様に満足していただける最も適した「理想のボディライン、理想のフェイスライン」の追求をしている。カウンセリングは、優しい、初めてでもいろいろと丁寧に教えてくれる、と定評があり、患者様一人ひとりの様々な悩みに正面から向き合っている。

片目だけ二重になってしまうのはなぜ?

一般的なイメージとして「二重の人は左右どちらも二重」、「一重の人はどちらも一重」という印象がありませんか?

しかし、右利きと左利きがあるようき、目にも使いやすい「利き目」があります。

とは言え日頃なかなか意識されにくく、自分で「利き目は右!」というように認識している人は少ないのではないでしょうか。

実際は、両目でものを見ているつもりでもわ自分でも知らず知らずのうちにどちらか片方の目ばかり酷使してしまうものです。

さらに近年、長い時間に渡ってパソコンやスマートフォンを使うなど、無意識に目を使いすぎてしまう人が増えています。

ものを注視する時間が増えると、その分利き目にも負担がかかりやすくなっていきます。

その一方で、利き目でないほうの目は使われにくいことから、自然と筋肉が衰えやすくなります。

強い負荷がかかっている目は位置や形へも影響を受け、次第に左右での印象が変わってくるのです。

そうして「片方だけが二重になってしまう」というように、左右非対称な目になってしまいます。

片方だけ二重になってしまうそのほかの原因

利き目以外にも、実はさまざまな原因によって片方だけが二重になってしまうことがあります。

例えば、身体そのものが歪んでいるケースです。

毎日の生活の中で重心がどちらか片方に寄ってしまったり、骨盤や背骨のように身体の中心となる部分が歪んでいたりすることで、目だけでなく節々に変化をもたらします。

身体が歪む原因には例えば、日中の立ち姿や座り姿勢が関係します。

電車の中で立っているとき、信号待ちで立ち止まったとき、無意識にどちらか片足に重心をかけていませんか?

また、座るときにもすぐに足を組んでしまったり、膝や腰が痛みやすいからといってどちらかに体重を預けるように座っていませんか?

体重が身体のどちらかに偏ることは、身体全体が歪む原因となります。

寝ているときも同様でどちらかの横向きで寝たり、うつぶせになっていたりする時間が長いと、体重のかかっている側だけが圧迫され、血行不良を招きます。

血行不良は、むくみの代表的な原因と言えるでしょう。

むくみによって老廃物がうまく排出されなくなってしまって、顔がぱんぱんになる……という経験がある人も多いのではないでしょうか。

結果、まぶたも厚くなり、目元に被さってしまうため、もともとは二重であっても一重のような状態になってしまうのです。

二重の悩みについて相談する(無料)>

二重整形を詳しく知る >

片方のみが二重になっているときの対処法は?

片方だけが二重の状態では気になる、どちらもきれいな二重にしたい……というときには、クリニックへ相談しましょう。

クリニックでは一人ひとりのまぶたや皮膚の状態を確認しながら、最適な施術を検討します。

必要があれば、二重でなくなっている方の目だけを二重整形することも可能です。

一方で片方だけを二重整形する場合は、両方の目を整形するケースに比べどうしてもバランスをとりにくくなってしまいます。

知識と技術のある医師に相談しなければ、左右の目が非対称になってしまう可能性もゼロではありません。

理想の二重を手に入れるには、まずは丁寧なカウンセリングを行った上で希望の二重について医師にしっかり伝えることが大切です。

どのようなまぶたが理想で、どのような形に導きたいのかよく考えた上で、しっかりカウンセリングをして理想の二重を手に入れましょう。

片方だけの二重をきれいな二重にする手術方法

きれいな二重を手に入れるためには、例えば「埋没法」という二重手術があります。

非常に細い糸を使いながら、垂れ下がって二重ラインに被さってしまうまぶたをつりあげ、きれいな二重を作る方法です。

二重整形の中では比較的安価なこと、リスクが少ないことやダウンタイムが少ないことなどといった魅力があります。

一方で、糸が切れてしまうリスクが全くないわけではないことから、半永久的な効果を期待している人には不安があるかもしれません。

半永久的な効果を得たいのであれば、まぶたにメスを入れる「切開法」がおすすめです。

そして切開法の中にも目尻などの一部を切開する「部分切開法」と、より大きな部分を切開する「全切開法」があります。

どちらが向いているかは、やはり医師との相談によって決定しましょう。

切開する箇所が広くなるほど料金が高くなり、ダウンタイムも長くなりやすいというデメリットはあります。

しかし脂肪が多く、まぶたが目に垂れ下がってしまう人でも、メスを入れればぱっちりとした目元を手に入れやすくなります。

自分はどんな二重を手に入れたいのかよく考えた上で、医師とよく相談することが重要です。

まとめ

目やまぶたといったパーツはとてもデリケートで、日によって、また時間帯によっても左右の印象が違ったり、二重になったりならなかったりもします。

理想の目を実現するためには、医師とよく話し合った上でどのような施術を行うか決めるとよいでしょう。

自分にとってなりたい二重が見つかれば「片方のみが二重」という目も、左右でバランスのとれた美しい二重に近づけることができますよ。

関連記事

back to top