マッサージピール - 新宿・立川・横浜

真皮深層を刺激してコラーゲン生成
ハリをもたらす新しいピーリング

美容皮膚科・シミ・シワ
マッサージピール

Massage peel

img

マッサージピールは
このような方におすすめ

  • 肌のハリを取り戻したい
  • 小ジワが気になる
  • 肌のくすみが気になる

ダメージを与えずに、肌の奥深くから強力なハリ感!

image

マッサージピールは、真皮深層に作用するまったく新しいタイプのピーリングです。主成分は、ディープピーリング剤として有名な「トリクロロ酢酸(TCA)」。そのまま使うと化学熱傷を起こし、長期にわたる赤みや激しい皮むけ、場合によっては色素沈着や瘢痕形成などの重大なリスクを招くため、これまで日本ではあまり使われてきませんでした。

マッサージピールは、この問題点を改善。トリクロロ酢酸(TCA)に低濃度の過酸化水素を配合することで、皮膚表面に強い剥離作用を起こすことなく真皮深層にのみ作用。ダメージを与えるのとは別の方法で繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を強力に促します。

施術直後は、肌の奥に高周波や超音波を照射したときのような温かさを感じ、その後、しっかりした肌のハリ感が得られます。

コウジ酸の作用で、高い美白効果も!

マッサージピールには、トリクロロ酢酸(TCA)や過酸化水素とあわせて「コウジ酸」が配合されています。コウジ酸は強力な美白成分で、メラニン生成を抑制してシミを予防する効果があります。 また、くすみの原因といわれる肌の糖化を抑える作用や、紫外線を浴びた後に発生する活性酸素を抑制する作用もあります。そのため、マッサージピールを繰り返し受けると、肌が白くなっていきます。

気持ちよく受けられて、ダウンタイムはほぼなし

このマッサージピールは、高周波や超音波を照射することなく、“薬剤を塗るだけ”で真皮深層に作用する点が画期的です。さらに、従来のグリコール酸などを使うピーリングと違い、基本的に赤みや皮むけがないのもメリットです。施術中に激しいヒリヒリ感を感じることもありません。

名前の通り、マッサージをしながら薬剤を浸透させていくので、「気持ちいい」と感じる患者様が多いようです。

繰り返し受けることで、効果が定着

マッサージピールは、顔だけでなく、首やデコルテ、両手の甲など、マシンでの施術が難しい部位に適しています。また、紫外線を積極的に避ける必要がないので、紫外線が強い季節でも気にせず受けることができるのもうれしいポイントです。

とくに問題がなければ、1〜2週間おきに5回程度くり返して受けるのがおすすめです。ハリ感や美白効果がしっかり定着してくれます。

患者様へ わたしが担当します 新宿美容外科クリニック 総院長 井上淳 新宿美容外科クリニック 総院長 井上淳

患者様に最高の結果

形成外科専門医としての
あらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、
満足していただける最高の結果を追求します。

Profile

1992年 千葉大学医学部卒業・千葉大学形成外科入局。
以後千葉大学および昭和大学の形成外科勤務。
2006年 都内美容クリニック 院長就任
2007年~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック 総院長就任

良くある質問

  • 施術後、すぐにメイクができますか?

    角質をはがしてはいないので、肌のバリア機能が保たれた状態です。よって、施術直後からメイクが可能です。

  • 施術後に、赤みや腫れはありますか?

    患者様によっては、施術中に赤みが出ることがありますが、施術が終わればすぐに引きます。また、若干むくむことはありますが、腫れというほどではありません。ダウンタイムはほぼゼロと考えていいでしょう。

お気軽にお問い合わせください【完全予約制】
月〜金 10:00〜20:00 ※横浜院は10:00~19:00
土・日・祝 10:00〜19:00

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

back to top