美容外科・美容形成なら新宿美容外科。美容医療とリラクゼーションとの相乗効果を実現した“新感覚クリニック”

二重整形・目元埋没法

Burying method

まぶたが重くて
腫れぼったい印象を解消

二重整形・目元
埋没法

Burying method

img

埋没法は
このような方におすすめ

  • 一重まぶたを簡単に二重まぶたにしたい
  • もっとパッチリした二重まぶたにしたい
  • 右と左の二重の幅を揃えたい

埋没法について

埋没法とは、メスを使用しない二重まぶた形成術です。

目元の美容外科治療の中でも最も安全で手軽に行え、目元の印象を華やかで洗練されたものへと導きます。
施術時間も15~20分程度と短く、麻酔を使用するので術中の痛みはなく、腫れも僅か。施術当日から洗顔やシャワーも可能です。
また、万が一仕上がりが気に入らなかった場合は、糸で留めてあるだけなので元に戻すこともできるので安心です。

埋没法の特徴

埋没法は、まぶたの表面と裏側から髪の毛よりも細い糸を患者様がご希望のラインに沿って埋没させることで、二重まぶたをつくる美容外科では定番の二重まぶた術です。

メスは一切使わず切開もしないため傷跡が残ることもなく、施術後の通院も不要。
糸はまぶたに残るため、眼球を傷つけることは一切ありません。
会社や学校などでダウンタイムがとれない方の場合、片目だけ施術し眼帯をして、腫れが引いたあとでもう片方の目を施術する場合もあります。

一重と二重の違いと埋没法のしくみ

一重と二重の構造の違いは、まぶたを持ち上げるときに使われる眼瞼拳筋(がんけんきょきん)という筋肉の形状の違いです。

眼瞼拳筋は目の上にある瞼板(けんばん)に繋がっており、眼瞼拳筋の作用で瞼板が上に引っ張られることで目が開きます。
一重の場合は、瞼板にのみ眼瞼拳筋が繋がっているのですが、二重の場合は、眼瞼拳筋が枝分かれしていて、その枝が皮膚とくっついています。

まぶたが持ち上げられるときに、瞼板と皮膚が同時に持ち上げられるので、二重のラインができます。
二重埋没法は、この瞼板と皮膚を糸で結んで人工的に癒着させる方法で、す。

埋没法で実現できる二重まぶたの種類

image

幅の狭い末広型(奥二重)
目頭の部分で二重のラインが少し隠れている二重が末広型です。
そのラインの幅が狭めのものはいわゆる奥二重といわれるもので、一重まぶたよりも目が大きい印象を与えます。
二重にはしたいけれど、あまり顔の印象を変えたくない、という方にはこの形の二重がおすすめです。

image

幅の広い末広型
ラインははっきりとしていますが、目頭の部分は少し隠れているタイプの二重です。
日本人に最も似合うとされている二重で、誰からも愛される自然な形です。
ナチュラルメイクを好む人に向いています。
また、埋没法でこの二重にしたときは、元に戻りにくいのも特徴です。

image

幅の狭い平行型
ひかえめながらも華やかな印象を与えるのが幅の狭い平行型の二重です。
大人っぽく美しい目になります。
人により、埋没法だけでは難しい場合があり、その場合は目頭切開が必要になります。

image

幅の広い平行型
いわゆる西洋人風、ハーフのような目が平行型です。
目を大きく見せることができ、華やかな印象がつくれます。
普段、くっきりとアイラインを引く人やつけまつ毛などを付ける人に向いています。
埋没法でつくることも可能ですが、人によっては切開が必要となる場合もあります。

埋没法が向いている人とは

メスを使わずに二重にしたい方
埋没法は、まぶたを切らずに糸の力で二重をつくるので切開を必要としません。
メスを使う切開法と比較しても腫れや痛みが少ないのがメリットです。

まぶたの脂肪や皮膚が薄めの方
まぶたの脂肪が多い、皮膚が厚い方の場合、施術後に糸がとれてしまうことがあります。
この場合は、切開法をおすすめすることがあります。

元に戻す可能性がある
埋没法は糸で留めるだけなので、糸をはずす施術を行えば、元の目の形に戻すことが可能です。
切開法の場合は戻すことが不可能なので、元に戻す可能性がある方は埋没法の方が適しています。

ダウンタイムのきるだけ短く抑えたい方
切開法が、術後腫れが1週間程度続くのに対し、埋没法はほとんど腫れがなく、あっても1日~2日でおさまるので、土日などのちょっとした連休を使っての施術であれば、仕事にも支障をきたしません。

埋没法のメリット

image

埋没法のメリットとして最も大きいのは、患者様の負担が少ないという点です。
二重手術には、大きく分けて切開法と埋没法の2種類がありますが、 切開法と比べてメスを使わないので後に残る傷ができる心配もありませんし、 手術時間が短いので麻酔の量も少なく施術に際したリスクが少なく、術後の腫れも軽度のものがほとんどです。

また、治療費が高額な美容外科治療の中でも安価に行えることも大きく、 万が一施術後に二重のラインが気に入らなかった場合は、 糸を切るだけで元に戻すすことができるということも大きなメリットと言えます。

さらに、切開法などでは傷跡が残ったり、 腫れが治まるまでの期間が長くなってしまう場合もあり、 周囲に気付かれてしまう場合もありますが、埋没法は傷は残らず腫れも短期間で治まるので、 理想の二重ラインが叶えられます。

埋没法の施術に関して

image

当院ではカウンセリングにて医師により、患者様のお悩みやご希望をお伺いいたします。
また、状態をチェックさせて頂き、患者様に適した施術方法のご説明をさせて頂きます。その際、施術方法に関して、疑問点や不安がある場合は、ご相談してください。その後、実際に施術を行います。
施術中に痛みが伴う場合は、局部麻酔をご用意いたしてますので、ご安心ください。

施術後、アイシングを行い、その後問題がなければそのままご帰宅して頂けます。後日、術後経過の確認のため術後検診を設けさせて頂いております。
また、何か不安なことがあれば、無料でメール相談も受けていますので、
お気軽にご相談してください。

形成外科専門医としての
あらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、
満足していただける最高の結果を追求します。

1992年 千葉大学医学部卒業・千葉大学形成外科入局。
以後千葉大学および昭和大学の形成外科勤務。
2006年 都内美容クリニック 院長就任
2007年~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック 総院長就任

良くある質問

  • 糸や糸の結び目は外見で分かりますか?

    外見では全く分かりませんが、まぶたを触ると少し結び目部分がポチっと隆起しているのが分かります。

  • 埋没法で傷跡は残りますか?またどのくらい腫れますか?

    手術直後は針の痕が小さい点になって見えますが、約2週間程度できれいに消えます。それ以外に痕が残る可能性はありません。
    また、腫れについては個人差こそありますが、2~3日で治まります。

  • 埋没法を元の状態に戻すことはできますか?

    埋没した糸を取れば確実に元の状態に戻すことができます。
    手術前には「こうなりたい!」と思っていても、第三者の声から元に戻したい、もっとこうしたかったと思ってしまうことも少なくありません。
    手術直後は針の穴の傷はありますが、1週間もすれば皮膚の表面には切り傷は残りませんので、後で別のラインに二重を作り直しても大丈夫です。

  • 術後のコンタクトレンズの使用は問題ないですか?

    コンタクトレンズは術後1週間後から可能です。
    普段コンタクトレンズを着用して仕事などを行っている方は、その間はメガネをご使用ください。

  • 術後のメイクは可能ですか?

    マスカラやつけまつ毛などのアイメイクは、施術後3~4日目から可能となります。

  • 術後、飲酒や運動はいつから可能ですか?

    施術当日の飲酒は避けた方が腫れが少なくすむことがあります。
    翌日以降飲酒や軽い運動でしたら可能です。

  • 左右のバランスが悪い目を埋没法で整えることはできますか?

    ほとんどの場合で、左右のバランスを見て整えることが可能ですが、まぶたの形状によっては埋没法よりも切開法をおすめすることがあります。

  • 埋没法は何回でも可能ですか?

    特に回数に制限のある施術ではありませんが、3回以上繰り返すと、糸がまぶたに溜まって、ゴロゴロするような異物感を覚えたり、まぶたの裏が荒れたりといったことが起こることがあります。
    埋没法は人によって戻ってしまいやすいことがありますので、そういった場合は、何回も繰り返すより、戻る心配のない切開法をおすすめします。

  • 歳をとったら不自然にならないですか?

    施術後、年月が立てばその部分も歳をとっていくので、特に不自然になることはありません。
    かえって皮膚がなじみ、自然な状態になることが多いです。

お気軽にお問い合わせください完全予約制    月〜金 10:00〜20:00    土・日・祝 10:00〜19:00

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

新宿美容外科クリニック
あなたの
願う理想お手伝いをします。

Shinjuku Biyou Geka Clinic
完全予約制 月〜金 10:00〜20:00 土・日・祝 10:00〜19:00
無料メール相談 無料カウンセリング予約
Shinjuku Biyou Geka Clinic
新宿院
  • 新宿院

    新宿院

    0120-4390-17 0120-4390-17

    東京都新宿区新宿4-3-22 安藤ビル3F
    (完全予約制)

    月~金   10:00〜20:00
    土・日・祝 10:00〜19:00

    JR・ほか各鉄道
    新宿駅東南口より→徒歩2分

    アクセス・地図はこちら
立川院
  • 立川院

    立川院

    0120-4390-18 0120-4390-18

    東京都立川市曙町2-7-19 MAビル5F
    (完全予約制)

    月~金   10:00〜20:00
    土・日・祝 10:00〜19:00

    JR立川駅北口より→徒歩1分

    アクセス・地図はこちら
横浜院
  • 横浜院

    横浜院

    0120-4390-19 0120-4390-19

    神奈川県横浜市西区南幸2-20-11
    NSビル7F

    (完全予約制)

    月~金   10:00〜19:00
    土・日・祝 10:00〜19:00

    横浜駅西口より→徒歩5分

    アクセス・地図はこちら
back to top