美容外科・美容形成なら新宿美容外科。美容医療とリラクゼーションとの相乗効果を実現した“新感覚クリニック”

脂肪吸引・医療痩身脂肪吸引

Liposuction

形成外科専門医だからできる
理想のメリハリボディーライン

脂肪吸引・医療痩身
脂肪吸引

Liposuction

img

脂肪吸引は
このような方におすすめ

  • 短期間で、効果的に痩せたい
  • ダイエットをしてもリバウンドしてしまう
  • 部分痩せで、メリハリのあるボディにしたい

脂肪吸引について ~リバウンドしません~

image

脂肪吸引をすれば、ダイエットのようにリバウンドすることはありません。あなたが太ってしまったとき、あるいはダイエットで痩せたとき、皮下の脂肪細胞の数は、増えたり減ったりはしていません。実は「変化していない」のです。一個一個の脂肪細胞が「ふくらむ」と肥満体型になり、「小さくなる」と痩せるのです。身体の脂肪細胞の数は、生涯ほとんど変化しません。

ダイエットで痩せたとき、脂肪の数は変わらず、脂肪細胞が小さくなっているだけです。だから、また大きくなれば、身体は元通りです=リバウンド。

でも、脂肪吸引をすれば、脂肪細胞の数を減らすことが出来るのです。そして、一度脂肪細胞が減ってしまえば、もう二度と元の数にはもどりません。もし、残された脂肪細胞が再び大きくなったとしても、その数が減っているので、脂肪吸引をした部分はとても「太りにくい」場所になっているのです。

脂肪吸引の安全性 ~本来は安全な手術~

脂肪吸引は、本来安全な手術です。大事な皮下の繊維や血管を切らないし、皮膚を切り取ることもしません。だから、出血量は少なく抑えることが出来るし、術後の圧迫によってむくみも抑えることが出来ます。もとより、皮下脂肪は筋肉よりも「浅い」層にありますから、筋層よりも深い場所を傷つけることはあり得ません。

重要なのは、手術を担当する医師が「形成外科的な解剖を熟知しているか」「多数の症例を経験しているか」「時間をかけて、丁寧に手術するか」です。もちろん「医療の基礎を習得している医師が施術する」のは当然のことです。

専門医によるワンポイントアドバイス
~たくさん吸引してもデコボコになりません~

image

ほとんどの患者さまが「できるだけたくさん脂肪を取ってください」とご希望になります。
当院では、そのご希望どおりに「たくさん」吸引させていただきます。他のクリニックで断られて当院へ来院された患者さまでも、ちゃんと「たくさん」吸引することが出来ますのでご安心ください。

特に、下腿(ふくらはぎ)、足首、ウェストのくびれ部分などは、他のクリニックで「取れる脂肪がありませんからダメです」などと言われてがっかりしている患者さまが多いようですが、当院ではほとんどの場合、問題なく吸引が可能です。

また、たくさん吸引すると「デコボコになる」と言われていますが、必ずしもそうではありません。デコボコになるかならないかは、実は医師がどれだけ「丁寧に吸引するか」にかかっています。

当院は、熟練した医師が、なめらかで美しい仕上がりのために、美的センスを生かした詳細なデザインを施して、チューリップシリンジ法という完全手作業の吸引方法で「ていねいに」吸引します。

シリンジ法の説明

image

脂肪吸引におけるシリンジ法とは、
チューリップシリンジを使用して脂肪吸引をする方法です。これは、ポンプなどの器械の吸引力を使わずに、完全な手作業で行う、古くから行われている方法です。

シリンジ法は、習得するのに時間がかかりますし、
モーターの力なしで行うので労力を要する比較的大変な方法です。 しかし、患者さまにとっては、以下の大きなメリットがあります。

1)手作業なので、術前の詳細なデザインの通りに、こまかく丁寧に吸引できる
2)吸引圧や吸引量を細かく調整できる
3)出血量が少ない

これらのメリットを生かして、熟練した医師が施術し、「たくさんの脂肪」を吸引しつつ
「デコボコのない」なめらかな理想的なラインを作ることができます。

施術の流れ

1 カウンセリング
問診票に必要事項をご記入していただき、カウンセラーがお悩みやご希望を丁寧にお聞きします。また、既往症、現在服用されているお薬、アレルギー、その他お体の状態などをうかがいます。その際、施術に関してご不明な点やご不安なことがございましたら、 どのようなことでもご相談いただきます。

2 医師による診察
痩身、脂肪吸引に豊富な経験をもつ医師が、現在の状態を診察させていただきます。患者さまのご希望に合わせて、どのくらい吸引できるか、どのように形が変わるか、効果的な部位はどこか、などを詳しくお話しさせていただきます。 ご都合に合わせた手術のスケジュール、術後の経過予想などもご案内いたします。

3 手術
マーキング(デザイン):当院では、詳細にマーキングいたします。グラデーションをつけた、シリンジ法ならではのきめの細かいデザインです。

◆点滴ライン確保
麻酔薬などの薬剤を使用するために点滴をつなぎます。当院では、脂肪吸引は原則として静脈麻酔で行います。患者さまの普段の就寝中と同じく、ご自分の呼吸で寝ている間に、手術が行われます。痛みを全く感じません。

最近では、胃カメラや大腸ファイバーの施行を、この静脈麻酔をかけて行うクリニックが増えており、安全性の高い麻酔です。人工呼吸器は使用しませんので、お身体の負担が軽く済みます。ご希望に応じて、局所麻酔だけで行うこともあります。

◆手術
シリンジ法では、たくさんの脂肪を吸引する場合でも,脂肪と麻酔液や出血などの水分とを分離して、それぞれの量をモニターしながら手術することができます。医師が出血量をしっかりと把握しながら手術を進めますので、安全な方法です。なお、当院では、輸血が必要になったりといった危険なトラブルは一切ございません。

◆弾性包帯による圧迫
これにより、再出血とむくみの予防を予防し、痛みを軽減します。

◆術後の安静
静脈麻酔から覚めて歩行できるようになっても、まだ眠気が少しありますので、30分~1時間ほど安静室でお休みいただきます。

4 術後のアフターケア
手術の翌日に再診していただきます。その際に、包帯をはずし、ドレーンとパッドを取り、再度包帯で圧迫します。 この圧迫はさらに翌日の夜にご自宅ではずしていただき、シャワー浴をしていただきます。包帯がとれたあとは、ガードルやコルセット、サポーターなどで抜糸の日まで圧迫をしていただきます。状態やご希望に応じて、サポーターではなく再び包帯の圧迫をして、むくみを予防する場合もあります。

◆抜糸
5ミリほどの切れ込み穴を二針縫合していますので、これを抜糸します。

マッサージ、運動の開始:抜糸が済んだその日から、手術部位の優しいマッサージと、ごく軽い運動(体操)を開始していただきます。 これによって、むくみを早く改善することができ、術後のつっぱり感や硬さを防ぐことができます。

術後2週間が経過したら、強めのマッサージと通常の運動を積極的に行っていただきます。テノール、エンダモロジーなど、機械を使ったアフターケアも用意しております。

ダウンタイムなど

image

~術後の痛み、腫れなど~
ダウンタイムなど 術後3日間は包帯で強く圧迫します。これにより痛みと腫れがかなり抑えられます。その後にガードルやコルセットなどに切り替えると、むくみが生じるようになりますが、必要に応じて再度包帯で圧迫してむくみを改善することも可能です。たくさんの部位を同時に吸引したり、たくさんの量を吸引すればするほど、痛みやむくみは大きくなります。

痛みのない吸引方法が盛んに宣伝されていますが、実際は、術後に痛みがないようにするには、脂肪を少しだけしか取らないようにするしかありません。これでは、仕上がったときには、患者さまは大きく失望してしまうでしょう。

痛みを少なくするために重要なのは、どれだけ「内出血を残さないようにするか」「しっかりとキレイに圧迫するか」「むくみを早く改善するか」なのです。

~術後の仕上がりについて~
「どれだけ脂肪をたくさん取るか」は重要です。当院では、患者さまのご希望に沿ってたくさんの脂肪を吸引しています。しかし、脂肪を取らない場所と取る場所がハッキリと違ってしまっては、見た目が不自然になります。

シリンジ法では、きめのこまかいデザインをして、時間をかけて細部の形を作りますので、自然なカーブ、なめらかなグラデーションで、全体を美しく作ります。術後の均一な圧迫も、美しく仕上げるために重要です。圧迫不足により体液がたまったりするとデコボコの原因になります。部位によっては厚めのスポンジを当てて圧迫を行います。

脂肪溶解注射と脂肪吸引の違い

美容外科の代表的な痩身治療、脂肪溶解注射(メソセラピー)と脂肪吸引。どちらも脂肪細胞の委縮ではなく、脂肪細胞を体外に排出することでリバウンドの無い痩身治療ですが、効果や仕組みは大きく異なります。

脂肪溶解注射は、脂肪細胞を溶かす成分を脂肪に注射することで、脂肪を溶かし、血液などを通して体外に排出する治療法です。 施術も注射を打つだけで終わり、施術当日から日常生活を送ることができることから、時間的、精神的な負担が少なく、経済的にも安価に受けられますが、1回で治療できる範囲や得られる効果に限界があるので、複数回の治療を継続する必要があります。

脂肪吸引は、脂肪の吸引量だけ1回の手術で確実に細くなりますので、高度肥満の方や、1回の治療で確実に目に見える効果を望む方には脂肪吸引が向いています。しかし、術後1~2週間は安静が必要になるので、時間に余裕を持って治療に臨んでいただくことが必要です。

脂肪吸引の施術に関して

当院ではカウンセリングにて医師により、患者様のお悩みやご希望をお伺い致します。また、体、脂肪の付き具合の状態をチェックさせて頂き、患者様に適した施術方法のご説明をさせて頂きます。その際、施術方法に関して、疑問点や不安がある場合は、ご相談してください。

施術中に痛みが伴う場合は、局部麻酔をご用意いたしてますので、ご安心ください。施術後、アイシングを行い、その後問題がなければそのままご帰宅して頂けます。後日、術後経過の確認のため術後検診を設けさせて頂いております。また、何か不安なことがあれば、無料でメール相談も受けていますので、お気軽にご相談してください。

形成外科専門医としての
あらゆる形成美容外科領域での基礎をもとに、
満足していただける最高の結果を追求します。

1992年 千葉大学医学部卒業・千葉大学形成外科入局。
以後千葉大学および昭和大学の形成外科勤務。
2006年 都内美容クリニック 院長就任
2007年~2013年 都内美容外科クリニック 総院長就任
2014年 新宿美容外科クリニック 総院長就任

良くある質問

  • 施術は痛いですか?

    全身麻酔により手術に臨みますので施術中は無痛です。ただし、術後2~3日は吸引部に打撲痛や筋肉痛のような痛みが残りますが、日常生活には特にさしつかえありません。

  • 吸引した部分に傷跡は残りますか?

    施術にあたり、直径数ミリの吸引管を通すための4~5mmの小さな穴を吸引部位ごとに1ヶ所だけですので、数ヶ月で治ります。傷の治り方や期間には個人差がありますが、ほとんどの人は時間の経過とともにわからなくなります。

  • 治療後、何か注意する点はありますか?

    デスクワークや家事はほぼ普段通りにできますが、ハードな仕事は2~3日控えて下さい。スポーツは2~3週間控えて下さい。また、アルコールの摂取も術後2~3週間はお控えください。

お気軽にお問い合わせください完全予約制    月〜金 10:00〜20:00    土・日・祝 10:00〜19:00

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ

新宿美容外科クリニック
あなたの
願う理想お手伝いをします。

Shinjuku Biyou Geka Clinic
完全予約制 月〜金 10:00〜20:00 土・日・祝 10:00〜19:00
無料メール相談 無料カウンセリング予約
Shinjuku Biyou Geka Clinic
新宿院
  • 新宿院

    新宿院

    0120-4390-17 0120-4390-17

    東京都新宿区新宿4-3-22 安藤ビル3F
    (完全予約制)

    月~金   10:00〜20:00
    土・日・祝 10:00〜19:00

    JR・ほか各鉄道
    新宿駅東南口より→徒歩2分

    アクセス・地図はこちら
立川院
  • 立川院

    立川院

    0120-4390-18 0120-4390-18

    東京都立川市曙町2-7-19 MAビル5F
    (完全予約制)

    月~金   10:00〜20:00
    土・日・祝 10:00〜19:00

    JR立川駅北口より→徒歩1分

    アクセス・地図はこちら
横浜院
  • 横浜院

    横浜院

    0120-4390-19 0120-4390-19

    神奈川県横浜市西区南幸2-20-11
    NSビル7F

    (完全予約制)

    月~金   10:00〜19:00
    土・日・祝 10:00〜19:00

    横浜駅西口より→徒歩5分

    アクセス・地図はこちら
back to top