肌が弱い方は、少しの刺激でも肌荒れを起こすこともあります。そのため、施術をすることそのものに不安を覚えることもあるのではないでしょうか。そうはいっても、やっぱりムダ毛をキレイにすること、つるつるのお肌への憧れは捨てきれないもの。敏感肌でも医療用脱毛はできるもの?肌が敏感な方、デリケート肌質の方におすすめの脱毛をご紹介します。

自己処理は肌荒れを誘発する可能性アリ

刺激に過敏に反応してしまうアトピー性皮膚炎などデリケートな肌質や、これまでトラブルとは無縁だったのに、大人になって肌トラブルを抱えるようになった方。こういう敏感肌の人は、使う化粧品はもちろんのこと、肌に触れる洋服の素材、肌に刺激を与えない食べ物などなど、多くのことに注意を払わなければなりません。

だからこそ、ムダ毛が気になっても、「医療脱毛なんてもってのほか、肌があれてしまう」と、ついつい自己処理で済ませていませんか。カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりすることや、ワックス脱毛や除毛クリームなどの使用は、逆に肌にはよくないんです。代表的なムダ毛の自己処理法と、肌へのリスクは以下のようになります。

カミソリ

カミソリでムダ毛を剃った後、時間が経ってからその部分が赤くなったり、かゆみが出てしまう「カミソリ負け」を起こす場合があります。また、敏感肌の人ほどカミソリ負けが起こりやすいとされています。背中などの見えにくく、処理のしづらい場所をはじめ、顔やVIOゾーンなどデリケートな場所は特に要注意です。またカミソリ負けで肌の表面を傷つけたことで、乾燥がすすみ、肌荒れを起こすことも。保湿をするなど、より丁寧なケアが求められます。

何らかの原因で皮膚の下でムダ毛が埋もれてしまう埋没毛。これもムダ毛の自己処理が原因の場合が多いです。カミソリで剃った部分が乾燥して荒れ、傷ついた肌が、自己防衛のためにさらに肌を分厚くします。毛穴も塞がれ、ムダ毛が皮膚に埋もれてしまいます。

除毛クリームやワックス、テープ

脱毛ワックスは、温めたワックスを肌に塗り、乾かしてからワックスをはがしてムダ毛を抜く方法です。もう一つの除毛クリームは、ムダ毛を抜かず、アルカリ薬剤のクリームを塗ることで、表面のムダ毛を溶かして処理する方法です。どちらもドラッグストアやネットストアで気軽に購入でき、自分で簡単にムダ毛処理ができて便利です。リーズナブルなので使っている人も多くいますが、ムダ毛だけでなく薬剤の肌への負担も大きくなります。

ワックスやテープも同様。皮膚からはがすときに大きな刺激を伴いますから、個人差はありますが内出血やかぶれ・腫れなど炎症を起こす可能性も否定できません。これらの方法は、あまりお勧めできる方法とはいえません。

敏感肌だからこそ医療脱毛がおすすめ

ムダ毛の自己処理は、肌のトラブルにつながることはわかっていただけたでしょうか。ですから、むしろ肌が敏感な人ほど、自己処理よりも医療脱毛を考えたほうがいいのです。

実際に脱毛するにあたって「施術後、もっと肌が荒れるのではないか」など、肌が弱い人ならではの不安はあるでしょう。クリニックであれば、そういった不安にも専門的な視点から相談にのってもらえます。

万が一何かあったときでも、即座に対応が可能となっています。なにより医師がいますから、安全面においてもバッチリ。もちろん、薬などを処方してもらうこともできます。

デリケートな肌にも安心!安全な脱毛機器

クリニックでできる医療脱毛に使用する機器の中で、痛みが少なく、敏感肌の人にもお勧めできるのがクラリティ(CLARITY)です。クラリティは黄色人種であるアジア人向けに開発された脱毛機器だから、日本人の肌質とも相性は抜群。ですから脱毛が初めての方や、肌がデリケートな方でも安心して脱毛を受けることができるのです。

クラリティの特徴は、次のようになっています。

1. デリケートな肌を守るレーザー設定

従来の方法と比べ、さらに毛根のみにスポットをあてたレーザー照射が可能になっています。施術の目的や脱毛する部位に合わせて、狭い一点から広い範囲まで細かく即座に施術することが可能ですから、肌へのダメージを軽減します。

2. 肌質・毛質に合わせたレーザーの選択

肌の質感をはじめ、細い毛・産毛・太い毛など、毛質にあわせたレーザーの選択ができます。より効果の高いレーザーを選びつつも、肌へのダメージを少なくできます。

3. フラットトップビーム技術導入

円形で照射されるレーザーの強さがほぼ同じとなるフラットトップビーム技術を採用しています。これまでの医療レーザー脱毛機器は、外側に向かって力が弱くなる傾向にありました。そのためより効果を出すには、出力を上げてレーザー照射をしなくてはなりませんでした。レーザーの強さが均一になる技術の導入により、必要以上に出力を上げることはありません。広範囲に対して高い効果が期待できるとともに、痛みの軽減にも役立っています。

4. 地球にやさしいエアークーリングシステム

レーザーの照射前はもちろん、あ照射中やその後も、常に-0℃の強力なエアーを噴射します。ですから、施術後にジェルを塗らなくても大丈夫。 痛みの緩和にも役立ち、快適に脱毛をすることができます。

5. 多くの国で信頼を獲得している機器

日本での厚生労働省薬務局にあたる、FDA(米国食品医薬局)のお墨つきも得ています。他にもCEマーク(ヨーロッパ)、KEDA(韓国)、SFDA(中国)等など、さまざまな国においてその信頼性が確認されている機器です。

医療脱毛が難しい場合とは

敏感肌の人でも、安心できるクリニックの医療脱毛であれば、それほど心配することはありません。
しかし、どうしても施術が難しい場合もあります。以下のようなケースです。

脱毛したい部分がアトピーなどで炎症を起こしている

炎症があると、さらに悪化することが考えられます。

ステロイドを使用して皮膚が薄い状態のとき

肌が荒れているとき、処方されることが多いステロイド剤。ステロイドは腎臓上部ある副腎皮質というところでつくられたホルモンのひとつで、アトピー性皮膚炎などさまざまな皮膚疾患で使用されています。長い期間使用することも多く、皮膚の炎症を抑える薬として有用なのですが、どうしても皮膚が薄くなる傾向にあります。皮膚が薄いと肌トラブルにつながりやすくなってしまいます。

ステロイドで色素沈着がある場合

皮膚の炎症はまず赤くなり、その後黒く色素沈着をすることがあります。ステロイドは炎症を抑えるための薬ですから、結果として皮膚が黒くなってしまうことも。医療脱毛のレーザーは黒ずみなどに反応しますから、反応が強すぎて火傷につながる可能性もないとはいえません。

またステロイドはホルモンですから、その副作用には「多毛症」もあります。要は毛深くなるということなのです。毛深くなっているときにわざわざ脱毛にいくというのは、効果を感じにくくなる原因となってしまいます。

とはいえ、ケースバイケースで、ステロイドを使用していたらまったく無理というわけではありません。施術を行う医師に相談してみましょう。

肌の弱い人は、一般的に外からの刺激に弱いです。医療脱毛もある種の刺激ですから、施術後にはより細やかなお手入れが欠かせません。ほてりを抑え、乾燥を防ぐための保湿を心がけましょう。こういったお手入れについても、皮膚の専門家であるクリニックに相談するといいでしょう。
また実際に施術を行う際にも、肌が弱いことを相談した上で行うようにしましょう。

大切なのは、万が一のリスクに対応してくれ、アフターケアを含めたサポート万全のクリニックを選ぶこと。敏感肌の人もクリニック選びにさえ気をつければ、医療脱毛をそうおそれることはありません。

脱毛コラム

美容医療とリラクゼーションとの相乗効果を実現した
“新感覚クリニック”

個室の施術ルームや充実な設備で上質な時間を

わたしたちは、落ち着いたインテリア、丁寧な接客、
患者様がゆったりとリラックスできる、
上質な空間をご提供致します。
非日常的な空間で贅沢な時間をお過ごしください。

迷われましたらまずはご相談してみては?「費用のこと」「効果のこと」「品質安全のこと」なんでもお聞きください。まれまで培ってきた知識を技術力でお応えします。まずは無料相談へ無料カウンセリングはこちらへ