女性なら程度の差はあれ誰もが抱く「美しくありたい」と願う気持ち。医療脱毛はそんな想いを叶える施術としてご利用いただくことも少なくありません。妊娠中でも美しくありたい。結婚式を控えているなどの理由から、医療脱毛をご希望の方からよくいただくのが「妊娠中も医療脱毛は可能ですか?」というお問い合わせです。

結論から言ってしまえば、当院では妊娠中の方の医療レーザー脱毛はご遠慮いただいています。なぜ妊娠中の医療脱毛を当院ではおすすめしていないのかについて解説いたします。

そもそも妊娠中は毛が濃くなりやすい

妊娠中は、胎盤から男性ホルモン・アンドロゲンや副腎皮質ホルモンACTH、プロゲステロンの分泌を促すHGGなどが分泌されます。ホルモンバランスが変化した結果、一時的に妊娠中は毛が濃くなりやすくなります。加えて、エストロゲンなどの女性ホルモンが増えるため、メラニン色素が肌に沈着しやすく、濃くなった体毛がさらに濃く見えることにショックや焦りを覚える妊婦さんもいらっしゃいます。

こうした身体の変化は妊娠に伴う自然な身体の変化です。妊娠で一時的に濃くなった体毛も、出産してホルモンバランスが元に戻れば自然と元の薄さに戻りますので、それほど心配する必要はありません。

身体が赤ちゃんを守る・育てるためにホルモンバランスが変化することによる体毛が濃くなる状態は、この時期しか味わえない身体の変化としてあまり深刻に考えなくても大丈夫でしょう。

妊娠中の脱毛がおすすめできない理由

妊娠中には毛が濃くなりやすいと言われても、やはり体毛の濃さが気になる方もいらっしゃるかもしれません。妊娠中になぜ脱毛をお勧めできないのかと言うと、その理由はいくつかあります。

脱毛の効果

まず1つ目が、脱毛の効果です。

先ほどもご紹介した通り、妊娠中はホルモン変化などにより体毛が濃くなりやすい時期です。出産後は2〜6ヶ月ほどで元の状態に戻ります。この期間中に脱毛をしても脱毛効果が感じられなかったり、脱毛効果が少なかったりするため、おすすめできないのです。
もともと今まで毛がなかった場所にも毛が生えやすくなる時期にあえて脱毛をしたとしても、脱毛効果が見込めないのであれば、あまり脱毛を受けるメリットがあるとは言えません。

体への負担

2つ目の理由として挙げられるのが体への負担です。

同じ体勢で一定時間脱毛処置を受けることは、身体に少なからず負担がかかります。また、妊娠中は肌状態がアンバランスになり、肌が荒れやすい時期です。この時期に脱毛で少なからず刺激を与えることは肌への負担となりますし、脱毛時に痛みを感じやすくなることもあります。

妊娠初期であればつわりに苦しむ方も多く、今までは大丈夫だったクリームや薬品の香りを嗅ぐと吐き気を感じたり気持ち悪くなったりすることもあります。

また、もしもレーザー脱毛中に敏感になった肌が炎症を起こしてしまった場合。普段なら使える炎症を抑えるためのお薬が、妊娠中は使えないということも大いにありえます。レーザー脱毛自体は赤ちゃんに影響があるわけではありませんが、万が一のトラブル時に薬が使えないという理由も、脱毛を避けたほうがいい大きな理由です。

3つ目の理由は、脱毛施術中の体勢です。
妊娠5ヶ月を過ぎた頃になるとお腹も大きくなり、長時間座り続けたり同じ姿勢を続けたりすることは大変になります。また、我慢して同じ姿勢を続ければ、血行が悪化するなど、お母さんの体に負担がかかってしまいます。

このように、妊娠により変化した体に脱毛で刺激を与えることは、妊婦さんの体にストレスをかけてしまいます。また、脱毛による肌トラブルを引き起こすリスクもゼロとはいえません。だからこそ、妊娠中の脱毛は、避けたほうがいいと言えるのです。

脱毛期間中に妊娠が発覚したら?

もしも、脱毛期間中に妊娠が発覚した場合。「レーザー脱毛によって赤ちゃんに悪影響が出ないか…」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。結論からお話しすれば、脱毛期間中に妊娠がわかったとしても、赤ちゃんに影響はありませんのでご安心ください。

ただし、先ほどご説明した通り、脱毛を続けても妊娠による体の変化で体毛が濃くなりやすい時期ですから、脱毛は一旦ストップしましょう。また、出産後に脱毛を再開するタイミングは人それぞれですが、少なくとも授乳が落ち着く産後1年くらいまでは再開しない方が無難と言えます。

せっかくお金をかけて行う脱毛。ママの体のためにも、赤ちゃんのためにも、またお金を無駄に使わないためにも妊娠・出産・授乳期間中は脱毛を控えましょう。

妊娠中のムダ毛処理について

とはいえ、妊娠期間中は検診などで普段は見られない場所を見せる機会も多くなります。また、季節によっては服装に気をつけたとしても濃くなった体毛が気になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

妊娠中は体毛が濃くなるのは自然の体の変化です。検診中などに「体毛が濃いのを見られるのが恥ずかしい」と感じる心配はありませんし、むしろ体が赤ちゃんを産む準備をしっかりと進めてくれているサインと捉えると気持ちも楽になります。

また、どうしても気になる部分だけはムダ毛を処理したいという方はできるだけ肌に負担をかけないように、T字カミソリではなく女性用の電気シェーバーなどを使ってムダ毛を処理してみましょう。妊娠中や出産後は肌がデリケートな状態になっています。肌に負担がかからないよう、クリームやローションを肌に塗った上でそっと除毛をするようにするといいでしょう。

また、シェービングをした後は、妊娠中でも使える保湿クリームなどで肌を必ず整えて、ケアをしてあげましょう。

ムダ毛処理の回数は、多い場合でもできれば月1回くらいにし、シェービングのために無理な体勢をとらないようにすることもお忘れなく。また、デリケートゾーンのムダ毛処理は子宮収縮につながってしまうこともあると言われています。デリケートゾーンのムダ毛処理は控えましょう。

加えて、サロンやクリニックに通えないからといって、家庭用脱毛器などで肌に負担のかかる脱毛をするのはおすすめできません。

これまでもご説明してきたとおり、妊娠中は肌が敏感になりやすく、痛みや刺激をより感じることがあります。お腹が大きくなった段階に脱毛器などで肌にストレスを与え、痛みや刺激を感じれば、お腹が張りやすくなるなど体にも悪影響が出かねません。

また、自己処理で肌が炎症を起こしてしまっても、薬による治療ができない場合もありますので注意しましょう。

一生のうちで何度も経験できるわけではない妊娠・出産。ムダ毛がどうしても気になってしまうこともあるかもしれませんが、お母さんの身体が赤ちゃんを育てるためにホルモンバランスを変化させ、体毛が濃くなるなど身体が大きく変わるのは、生命の神秘とも言えます。

素敵な赤ちゃんを迎える前の時期だからこそ、「ムダ毛があってもまあいいか」「体毛が濃くなるのは、赤ちゃんを迎えるための勲章」と捉えておおらかな気持ちで過ごしましょう。

せっかく脱毛しても、効果があまり期待できず、お金がかかるばかりか肌トラブルも引き起こしやすい妊娠期間。「赤ちゃんへの影響はなさそうだから」と妊娠中に自己判断で脱毛せずに、出産後にまたじっくりと脱毛ケアに取り組んでみましょう。

クリニックでも、脱毛期間中に妊娠される方はいらっしゃいます。

「こんなこと言ってもいいのかな?」と遠慮せずに、気軽にご相談を。ママの気持ちにも、赤ちゃんにとっても、一番いい方法をサポートさせていただきます。

脱毛コラム

美容医療とリラクゼーションとの相乗効果を実現した
“新感覚クリニック”

個室の施術ルームや充実な設備で上質な時間を

わたしたちは、落ち着いたインテリア、丁寧な接客、
患者様がゆったりとリラックスできる、
上質な空間をご提供致します。
非日常的な空間で贅沢な時間をお過ごしください。

迷われましたらまずはご相談してみては?「費用のこと」「効果のこと」「品質安全のこと」なんでもお聞きください。まれまで培ってきた知識を技術力でお応えします。まずは無料相談へ無料カウンセリングはこちらへ