実は子どものほうがムダ毛を気にする機会が多い

最近は、中高生の女子で医療脱毛を受けたいという人が増えているそうです。それどころか、小学生でも医療脱毛でムダ毛をきれいに処理したいというケースも多く、美意識の芽生えはどんどん低年齢化しているのだと驚かされます。

しかし実は、子どもたちのほうがムダ毛を気にする機会が多いということをご存知でしょうか?

大人は基本的に自分が決めたファッションで生活できますが、子どもは制服があったり、体育の時間には半袖短パンで過ごさなければなりません。夏にはプールの授業で男子生徒と一緒に泳がなければならず、ほかにも部活や習い事などで露出の多い服装をしなければならないこともしばしばです。

こう考えると、大人よりもはるかに子どものほうがムダ毛が気になる生活を送っていることがわかります。

タイトル ムダ毛が濃い子どもが増えている理由

ムダ毛が気になる生活をしていることに加え、今の大人たちが子どもだったころと比較すると、実際にムダ毛が濃い子どもが増えているという事実も見逃せません。気になるほどに体毛が濃い子どももたくさんいて、自己処理をするのが大変なのでは、と思うほど。このように体毛が濃い子どもが増えているのは、現代の食生活が影響していると考えられています。

昔と比べると動物性蛋白質の多い食生活をしているということが一因として挙げられます。現代の子どもたちは、断然魚より肉を食べます。肉食が多くなると体毛に関係の深い男性ホルモンが増えるので、ムダ毛が濃くなってしまうそうです。

そのほかにも、今の子どもたちは習い事や塾などで忙しくしていたり、ストレスの多い生活を送っているので、体内のホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが過剰になってしまっているということもあるかもしれません。
いずれにせよ、本気で体毛に悩んでいる子どもがとても増えているのは確かです。

通常、未成年の子どもであれば、ムダ毛が気になっていたらカミソリでシェービングするなどの自己処理を行うのが一般的です。

体毛が少ない子どもであれば自己処理でも十分だと思われますが、体毛が濃い子どもはカミソリではなかなかきれいにムダ毛を処理できません。きれいに剃れるように、二枚刃や三枚刃のカミソリを使用すると、確かに剃毛効果は高くなりますが肌に必要な角質も剃り落とし、乾燥や肌荒れの原因となってしまいます。

しかも子どもの頃からこうした自己処理を続け、大人になるまで何年も続けていたら、色素沈着を起こしてしまう可能性も考えられます。

肌に不要な負担をかけずにムダ毛を処理するには、医療脱毛が望ましいです。同様の施術を安価で受けられるエステ脱毛もありますが、子どもの肌に何らかのトラブルが起こったときに、医療機関でないと迅速に対応してもらうことができません。医療脱毛であれば医師が施術を行いますので、トラブルが起こりにくい上に、万が一のことがあっても的確に処置をしてもらえるので安心です。

また、医療脱毛をすることで、子どもの精神的な負担を大きく軽減できるというメリットもあります。

子どもはひとつの悩みに対して、大人が思う以上に深刻に悩んでいるものです。特に外見に関することであれば、年頃の女の子であればその悩みも深いでしょう。

自己処理をしている間も、「どうしてこんなに毛深いのだろう」と落ち込みながら処理をしているかもしれません。医療脱毛で肌に負担をかけずにムダ毛がなくなれば、子どもの心はとても明るくなるでしょうし、堂々と肌を出して体育の授業や部活に励めます。

自己処理をしている時間を子どもが楽しく過ごす時間に充てることができますし、つるつるの肌になれば気持ちがとても明るくなるはずです。コンプレックスを克服することは、子どもにとってとてもよい影響を与えてくれます。

脱毛コラム

美容医療とリラクゼーションとの相乗効果を実現した
“新感覚クリニック”

個室の施術ルームや充実な設備で上質な時間を

わたしたちは、落ち着いたインテリア、丁寧な接客、
患者様がゆったりとリラックスできる、
上質な空間をご提供致します。
非日常的な空間で贅沢な時間をお過ごしください。

迷われましたらまずはご相談してみては?「費用のこと」「効果のこと」「品質安全のこと」なんでもお聞きください。まれまで培ってきた知識を技術力でお応えします。まずは無料相談へ無料カウンセリングはこちらへ