体のムダ毛を綺麗にし、お手入れの悩みを解消してくれる脱毛。さまざまな施設が行っていますが、ひとくちに脱毛といっても、いくつか種類に分かれているのはご存知でしょうか。中でも高い脱毛効果が期待できるといわれているのが、クリニックなどの医療機関で行われる医療レーザー脱毛です。なぜ医療レーザー脱毛がいいのか、またメリットやデメリットについてご紹介します。

医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛の違い

医療レーザー脱毛とは医療機関で行われ、医師が施術をする脱毛法のことです。この医療レーザー脱毛とよく比較されるのが、エステサロンで行われるエステサロン脱毛です。このふたつは医療行為か、そうではないかという点で大きく異なっています。それぞれの脱毛法について、さらに細かくみていきましょう。

医療レーザー脱毛とは

読んで字のごとく、医療機関でのみ受けられる施術です。基本的に医療レーザーを皮膚に照射し脱毛をする方法になります。このレーザーは、とても高いパワーを有しています。レーザーの光は、黒いメラニン色素に反応します。医療レーザー脱毛では、この高いエネルギーを持ったレーザーを毛穴に照射し、毛を作るおおもとの黒い毛母細胞を壊します。そのため現在のムダ毛はもとより新しい毛が生えてくることが難しくなるのです。

高いパワーを持ったレーザーを扱って脱毛をする行為は、医療行為に該当します。当然ながらそれ相応の技術を必要としますから、誰にでもできるわけではないのです。プロである医療従事者が行うべきものであり、医療機関のみで受けられる特別な脱毛法となっています。

高いパワーを使うレーザーですから、一度で大きな脱毛効果が期待できます。個人差はあるものの、脱毛を完了するまでにかける時間は短いケースが多くなっています。

また、レーザー照射によるトラブルが仮にあったとしても、医療機関であればすぐに適切な処置を受けることができます。きちんと肌の状態を判断できる医師の存在は、心強いものです。

エステサロン脱毛とは

もう一方のエステサロン脱毛とは、どのような脱毛法なのでしょうか。エステサロンで行うのは、ほとんどが光脱毛と呼ばれるものです。Intense Pulsed Light(インテンス・パルス・ライト)というさまざまな波長を含んだ光を広く照射する方法で、IPL脱毛と呼ばれています。IPL、つまり光を黒い毛根に当て、レーザーと同じようにダメージを与えるのです。

方法論としてはIPLも医療レーザーも似ているように思えます。ただIPLは、レーザーに比べると圧倒的にパワーが弱いのです。逆に、だからこそ、医師など資格を持たなくても、誰でも施術できるということになるわけです。

またパワーが弱いので、施術の回数を重ねることにもなります。時間をかけなくてはいけないうえ、効果は一時的なものにとどまってしまいます。医療レーザーのように毛母細胞を破壊すること、つまり医療行為ができないので、せっかく脱毛しても毛が再生してきてしまいます。

医療脱毛ができるのは医療機関だけ

毛が再生してしまうということは、エステサロンの脱毛は、一時的な効果にとどまることになります。もっと長く、ツルツルの状態を保ちたい場合には「永久脱毛」をお勧めします。

とはいえ、永久脱毛といっても、ずっと毛が生えないということではありません。以下のような定義を永久脱毛の定義としています。

  • 米国電気脱毛協会(AEA)による永久脱毛の定義…最終脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法のこと
  • 日本医学脱毛協会による永久脱毛の定義…各施設において2~3年の治療を行った結果、約90%の人に6ヶ月~1年以上の発毛が抑制された

永久脱毛は、毛を作る細胞を破壊することによって成り立ちます。ただ個人差や条件などによっては、レーザー照射で毛根細胞を破壊しきれていないことも。新たな毛を作る毛包が脱毛後にできる可能性も否定できません。ですが、医療レーザー脱毛をすると長い時間、発毛が抑制されることは証明されています。要するに、医療レーザー脱毛でしか、永久脱毛、長期にわたる脱毛はできないということになりますね。

医療レーザー脱毛のデメリット

強いパワーで効果的かつ効率よく脱毛ができる医療レーザー脱毛ですが、いい面があれば注意すべきデメリットもあります。

レーザーのパワーが強いため痛みが伴う場合も

医療レーザー脱毛はパワーがあり、きちんと的確に脱毛を行います。それは確実に毛根を破壊することになりますから、皮膚にも影響が出てしまうのです。一種の火傷のような状態になり、赤みが出ることもあります。

また脱毛する部位によっても、痛みの感じ方に違いがあるようです。毛が多く集まって生えているVIOゾーンやヒザ、ワキなど、もともとデリケートな箇所の施術では痛みを感じる方もいます。

ただ医療機関ですので、痛みを感じないように笑気麻酔、麻酔クリーム、麻酔テープなどを用意しているクリニックもあります。使用するかどうか、事前に相談することも可能です。

赤みや火傷に対しても、クリニックでの施術なら炎症止めの軟膏などを処方してくれるはずです。
アフターケアが充実しているクリニックを選ぶことも、重要になってきます。

白髪や薄い毛には不向き

レーザーは黒いメラニン色素に反応するため、それ以外への効果は薄まります。白髪や産毛のように、薄い毛には不向きだといえます。

日焼けや色素沈着部分には注意が必要

レーザーは、毛以外の黒い部分、皮膚のメラニン色素にも反応します。濃いシミやあざ、ほくろなどには火傷の危険があるため、照射しないほうがいいでしょう。怪我をした傷跡が残って色素沈着を起こしている場合なども同様になります。

痛みの少ない最新オーダーメイド脱毛レーザー

高いパワーで確実に毛根細胞を破壊する医療レーザー脱毛。そのために痛みを伴う場合が多くあると、先ほど説明しました。ただ医療レーザー脱毛を行う機器によっては、痛みを最小限に抑えることもできるのです。

当院で使用しているクラリティは、デリケートな肌を守るためのレーザー設定が可能となっています。

毛根のみにターゲットを絞り、施術の目的や脱毛する部位に合わせた設定が可能です。肌へのダメージを減らすこともできます。もともとの肌の色と毛質に合わせ、肌への負担の少なく、より効果の高いレーザーを選択することができるオーダーメイドの脱毛レーザーです。

照射前から照射中、照射が終わった後も常に-0℃の強力なエアーを脱毛部分に当てているので、 脱毛部位の痛みが和らぐ機器といえます。

医療行為を行うわけですから、きちんとしたカウンセリングをしてくれる、安心の施設を選ぶことも大事です。

  • リスクもデメリットもきちんと説明してくれる
  • 料金設定が分かりやすい
  • 医師の情報が明確に記載されているか
  • カウンセリングは丁寧か、アフターケアの相談はできるか

などがクリニックを見極めるポイントになってきます。

当院では施術の向上はもちろんのこと、形成外科医や皮膚科医といった「プロ」が本気の医療脱毛に取り組んでいます。例えば、施術によって万が一、毛嚢炎を起こしてしまった場合でも、即座に対応可能です。

開業以来、多様な肌質や毛量の患者様と向き合って来た実績もあります。その実績や研究を通して、脱毛の際に起こるヤケドのリスクを最小限に抑えるべく努力を重ねてきました。医療クリニックの安全、安心の医療レーザー脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

脱毛コラム

美容医療とリラクゼーションとの相乗効果を実現した
“新感覚クリニック”

個室の施術ルームや充実な設備で上質な時間を

わたしたちは、落ち着いたインテリア、丁寧な接客、
患者様がゆったりとリラックスできる、
上質な空間をご提供致します。
非日常的な空間で贅沢な時間をお過ごしください。

迷われましたらまずはご相談してみては?「費用のこと」「効果のこと」「品質安全のこと」なんでもお聞きください。まれまで培ってきた知識を技術力でお応えします。まずは無料相談へ無料カウンセリングはこちらへ